Japan Innovation Manager Association

協会概要

  • HOME »
  • 協会概要

日本イノベーションマネジャー協会

設立趣旨

イノベーションマネジャーの育成、活躍環境の整備などを通して、
地域や組織の活性化を推進することにより、社会を構成する人々の豊かさ、幸福を増進する。
人材育成においては、教育界に革命的な変化をもたらすICEモデル(主体的な学びの手法)を
活用し、ビジネスシーンにおいて、実践的に役立つ人づくりとリカレントを展開する。

団体概要

体制

代表理事 福田 稔

理事   浴 靖典
_株式会社ミックス会長兼社長

理事   花岡 隆一
_国立山梨大学客員教授
_主体的学び研究所研究員
_(一社)アジア平和貢献センター 参与

名誉顧問 清成 忠男
_(一財)地域活性機構初代理事長
_地域活性学会初代会長

設立

平成28年9月1日

活動項目

  1. イノベーションマネジャー人材養成及びイノベーション推進機能向上のための、
    人材育成研修の開催および協力
  2. イノベーションマネジャー人材及びイノベーション推進拠点の機能向上のための
    認証・評価システムの制定・施行
  3. イノベーションマネジャー等、イノベーション推進に関わる人材募集支援、就業斡旋、
    情報提供
  4. イノベーションマネジャーが活動する事業や企業の資金調達協力
  5. イノベーション推進およびICEモデルに関わるシンポジウム、セミナー、研修会等の
    開催および協力
  6. イノベーション推進およびICEモデルに関わる統計調査、広報、啓発
  7. イノベーション推進およびICEモデルの展開に関わるコンサルティング及び調査
  8. イノベーション推進に向けた国及び地方自治体への政策提言
  9. ICEモデルの普及に向けた大学、教育機関等への提言・意見具申、学会・
    研究会等における発表
  10. 国内外関連機関との交流、連携、共同事業の実施、事業運営及び業務の受託
  11. 前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業

事業の3本柱

1 イノベーションマネジャー養成研修

・イノベーションを成功させるには、持っている資源 (ひと・モノ・金)の総動員が必要です。

・経営者と気持ちを合わせて経営資源の配分・調達を考え、土壌を作り、伴に走る事業変革の
_マネジメント人材。「イノベーション・マネジャー」です。

・この研修では、新事業がユーザーに支持され、息の長い基幹事業に育っていくために、
_地域との連携、大学・産業支援機関との信頼関係や地域のオープンイノベーション環境を
_形成できる人材を養成します。

・ICEモデルによる研修が組み込まれています。

・研修を通して、新事業の確立や業界、地域振興など、いま抱えている課題の解決にも
_活用できます。

2 イノベーションマネジャー人材の認定及び地域イノベーション活動の支援

・イノベーションマネジャーの認定
(地域イノベーション支援人材の輩出)を行います。

・イノベーションマネジャー養成研修修了者を対象に認定を行います。

・認定者には、定期的にリカレント学習を行い、活動の支援を行います。

・地域で養成研修を主催できる上級認定者を育成します。

3 地域オープンイノベーション
ネットワーク環境の構築

・認定イノベーションマネジャーの地域的連携ネットワークを構築します。

・地域や産業集積においては、イノベーションをお越しやすくする環境整備が必要です。
_特に地域金融機関にそのお膳立てが期待されています(リレーションバンキングなど)。

・産業支援機関や金融機関等が行う地域のイノベーション環境の構築活動を支援します。

定款及び会員規約等に関する資料

定款

定款 pdf

一般社団法人日本イノベーションマネジャー協会会員規約

一般社団法人日本イノベーションマネジャー協会会員規約 pdf

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-4405-6663

PAGETOP
Copyright © 日本イノベーションマネジャー協会 All Rights Reserved.